2017年4月25日火曜日

OneTapBUY取扱米国株銘柄の今期の決算予想と発表スケジュール一覧

OneTapBUYではインベスター通信なるものがメールで配信されるのですが、昨日は取扱銘柄の決算発表予定スケージュールが配信されていました。前期の実績と今期の予想なのですが余分な情報は省かれていてわかりやすいと思いますから記事にしておきます。

今期の予想に関しては、Bloombergが集計したアナリストのコンセンサスということのようです。日時はいずれも現地時間ということと、決算発表予定日は変更になる場合があるようですからご注意ください。

☆2017年4月25日

・キャタピラー 17年第1四半期の1株あたりの利益(EPS)

【前期の実績】0.830 ドル
【今期の予想】0.624 ドル

・マクドナルド 17年第1四半期の1株あたりの利益(EPS)

【前期の実績】1.438 ドル
【今期の予想】1.338 ドル

☆2017年4月26日

・ツイッター 17年第1四半期の1株あたりの利益(EPS)

【前期の実績】0.160 ドル
【今期の予想】0.011 ドル

・ボーイング 17年第1四半期の1株あたりの利益(EPS)

【前期の実績】2.470 ドル
【今期の予想】1.912 ドル

・P&G 17年第3四半期の1株あたりの利益(EPS)

【前期の実績】1.080 ドル
【今期の予想】0.939 ドル

☆2017年4月27日

・アマゾン 17年第1四半期の1株あたりの利益(EPS)

【前期の実績】1.540 ドル
【今期の予想】1.080 ドル

・アルファベット(グーグル) 17年第1四半期の1株あたりの利益(EPS)

【前期の実績】9.360 ドル
【今期の予想】9.382 ドル

・インテル 17年第1四半期の1株あたりの利益(EPS)

【前期の実績】0.790 ドル
【今期の予想】0.649 ドル

・マイクロソフト 17年第3四半期の1株あたりの利益(EPS)

【前期の実績】0.840 ドル
【今期の予想】0.699 ドル

・スターバックス 17年第2四半期の1株あたりの利益(EPS)

【前期の実績】0.520 ドル
【今期の予想】0.448 ドル

☆2017年4月28日

・GM 17年第1四半期の1株あたりの利益(EPS)

【前期の実績】1.280 ドル
【今期の予想】1.451 ドル

・エクソンモービル 17年第1四半期の1株あたりの利益(EPS)

【前期の実績】0.888 ドル
【今期の予想】0.849 ドル

現地時間がよくわからないので、すでに発表されているものもあるかもしれませんので、その点にもご注意ください。上記の銘柄の中ではツイッター、エクソンモービルに注目しています。

余談ですがOneTapBUYでは現在マクドナルド株がキャンペーン中で株価スプレッド(売買手数料に相当するもの)が売り買いともに0%となっています。ただ、大量の買い注文が入っていて在庫切れも発生しているようです。米国市場が始まれば解消されるようですが、これは「OneTapBUYあるある」の一つではあります(笑)

(関連記事)

成長戦略に黄信号がともるエクソンモービル(XOM)に注目

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

換金性抜群のエコートレーディング(7427)の隠れ株主優待「ペット王国」入場券

昨年、メルカリデビューの際の出品商品に選択したエコートレーディングの隠れ株主優待。あまりの短時間でのお買い上げには驚いたものです。

そのときには、メルカリの凄さに驚いたのですが、メルカリでも売れないものは売れませんからエコートレーディングの隠れ株主優待券の人気が凄いのだと思います。

そのエコートレーディングの隠れ株主優待とはGW中に京セラドーム大阪で行われるイベント「みんな大好き!!ペット王国」の入場券。昨年は私名義の口座でのみエコートレーディングの株を保有していたのですが、入場券が1枚送られてきました。

正規の販売ルートで入場券を購入すると大人の当日券は1,600円、前売り券が1,400円。昨年は前売り券の半額の700円で出品したのですが、本当に信じられないほどの短時間でお買い上げ。さらには、その方にもう1枚ないのかと問い合わせされるほどでした。

これは美味しいのではないかと思い、株価が低迷していたエコートレーディング株を妻名義でもその後購入。そして、昨日のことなのですが、ペット王国のイベントが近づいているのに今年はまだエコートレーディングから何も届いていないなあと郵便物を確認すると届いているじゃありませんか!。それも、昨日届いたのではなかったようです(笑)

これで、私名義と妻名義と1枚ずつで合計2枚の入場券をゲット。イベント開催は5/3、5/4なので早速メルカリに出品。今年は昨年より単価を上げて2枚で2,200円で出品してみました。

すると、また驚くほどの短時間でのお買い上げ。どうやって、そんなに短時間で商品を見つけるのだろうと驚くほどの短時間でのお買い上げです(笑)

メルカリに手数料として10%、送料は私が負担する形で出品しているので切手代が82円がかかりますが1,898円のゲットとなりました。

因みにエコートレーディングの正規の株主優待は最低でも500株の保有が必要なので少しハードルが高いです。それ未満の株主のために隠れ株主優待が実施されているのかもしれませんね。

さて、そんな昨日なのですが約定もありました。3911 Aimingを453円で100株、信用で新規買い。6882 三社電機製作所を491円で100株、信用で増し玉。あとは9885 シャルレの100株を現物から信用に変更。下落ヘッジ関連銘柄の1357を1459に乗り換えの約定がありました。

(関連記事)

小銭の亡者と呼ばれても・・・ いいんです(笑) 最近、大人気のフリマアプリ メルカリに心を奪われていました

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

2017年4月24日月曜日

コカ・コーラ(KO)も中国の食の多様化の荒波には抗えずシェアは激減状態

先日の日経電子版に中国の圧倒的市場シェアを誇る食品大手企業が苦境に立たされているという内容の記事がありました。

例えば即席麺最大手の康師傅控股が3期連続の減収減益、乳牛大手の蒙牛乳牛などは最終赤字に転落したということです。これは、消費者の食の好みの多様化、サービスの多様化によるものでもあるようなのですが、その記事の中に米コカ・コーラに関する驚きの内容がありました。

コカ・コーラといえども定番離れの波には抗えず、00年代に炭酸飲料市場で4割弱を握っていたシェアも現在は何と1割強にまで激減している状態であるとのことです。いくら多様化が進んだとはいえ何とも悲しい数字です。

圧倒的とも思えるブランド力を持つコカ・コーラですから、今後も中国でのシェアが減少し続けるとは思いません。ただ、コカ・コーラと言えども常に厳しい競争の嵐に晒されているというごく当たり前の現実は覚えておく必要がありそうです。

因みにコカ・コーラもOneTapBUYの取扱銘柄です。OneTapBUYで過去10年間1万円ずつ積み立てたと仮定すると積み立て金額は120万円で評価額は174万円だということです。米国株ならS&P500のインデックスでも10年で2倍程度は十分に期待できますから、少し物足りないパフォーマンスではないかと思います。

OneTapBUYの前提条件は積み立て期間は2007年4月~2017年3月で積み立て方法は毎月末の終値で1万円ずつ。コストは買付時に株価の0.5%と為替レートに0.35円をそれぞれ上乗せしたもの、評価時には株価の0.5%と為替レートに0.35%を差し引いたものが使用されています。

30銘柄積立投資シミュレーション参照

(関連記事)

成長戦略に黄信号がともるエクソンモービル(XOM)に注目

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング