2017年12月26日火曜日

税制上の国内株式の最終取引約定日にも関わらず配当も捨てて利食いしてしまった

本日はご存じのように税制上の国内株式の最終取引約定日です。それなのに、特定口座の実現損益が大きくプラス状態なのにも関わらず、GCA(2174)を利食いしてしまいました。

GCAは12月決算の銘柄でもありますから、今日が配当の権利付き最終日でもあります。

スポンサーリンク

GCAの期末配当は17.50円が予定されていますから、100株保有していた私は1,750円の受け取りを逃しているのです。

私の取得単価は820円だったので、受け取り損ねた期末配当利回りは2.13%。少なくとも、今後これ以上の下落がないのなら、利食いは大失敗ということになってしまいます。

何もよりによって今日でなくても良かった気もします。ただ、それでも売却せずにはいられませんでした。株価指標などを見ても、現時点ではもうホールドできるだけの根拠がなくなっていたのですから。

売却単価は1,171円なので42.80%の利食いなのですが、とりあえずは配当10年分以上は確保した利回りなのでいいかなと。売却後に急騰することにも慣れていますしね(笑)

新規の追加資金を投入できず、絶対収益確保を追求している私としては、大きな儲けを損ねるのは構わない。それよりも単年度であれど大敗だけは避けたいと考えています。

このGCAも永久保有を考えているような銘柄ではありませんから、迷いが生じたなら、ほどほどの利益での売却でいいかなということです。

あと、ザッパラス(3770)の約定があるのですが、こちらはクロス取引で損失確定をしています。

ザッパラスは419円で100株の信用買い建て玉を保有していたのですが、返済売りと信用買いの同時成行注文でクロス取引しています。

397円で約定していて、焼石に水程度の損失確定です。

さらに楽天ETF日経ダブルインバース(1459)もクロス取引で損失確定しているのですが、こちらも微々たるものです。約定が細かいので明細は省略させていただきます。

私は、ある時期から基本的にはすべての約定内容を記載するようにしているのですが、この楽天ETF日経ダブルインバースを含めた下落ヘッジ関連銘柄のクロス取引だけは省略していることも多いので、悪しからず。

約定内容を記載するようになったのは、自称「百戦錬磨」の株ブロガーさんがいたのですが、その百戦錬磨ぶりには疑問を覚えずにはいられなかったんですよね。

別にその方が百戦錬磨であるとおっしゃるのは構わないのですが、私は読者から疑問を抱かれるようなブログにはなりたくないと。ということで、ほぼ全ての約定を記載するようになったという訳です。

なので、ブログを更新するつもりがない日には約定を控えようかと、半分本気で思うこともあります(笑)

ただ、実際にそんな馬鹿馬鹿しいことはしていなくて、追記にでも記載するようにしています。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿