2017年10月31日火曜日

投資では誤発注は何度もしでかしてるけどメルカリで誤発送をやらかしてしまった

株式にしろFXにしろ投資では誤発注は何度もしでかしてるのですが、今日はメルカリで誤発送をやらかしてしまいました。

商品はとあるスポーツ観戦のチケットなのですが、自分で利用するために2枚入手していたのです。1枚は利用したのですが、もう1枚は日程が合わなくなったのでメルカリに出品したのでした。

格安で出品したこともあり、その日のうちにお買い上げがあり、翌日に商品を発送。そして、今日購入者からメッセージがあり、無事に届いたのは届いたのですが・・・。チケットの半券がない状態で届いたのだが、これで大丈夫なのかという旨の確認がありました。

スポンサーリンク

えっ。えーっ。えーーっ。ひよっとして、ひょっとして、ひょっとすると。いや、ひょっとしなくても使用済みチケットを発送してしまったのか?

そのメッセージを確認したのは、出かける前だったので急いでチケットを確認しようと。使用済みのチケットも捨ててはいないはずなので、思い当たるところを血眼になって探しました。なかなか出てこなかったのですが、何とか探し出すことが出きると、ピンポーン、正解です。そこには使用済みのチケットではなく、決してあってはならない未使用のチケットがありました。

もちろんその時はピンポーンなどと思える状況ではありませんから、すぐに発送の手配です。格安だったし、チケットの利用日は12月なので急がなくてもいいとはおっしゃって頂いたのですが、やはりそういう訳にはいきません。格安だったからこそ、最初からきっちりしなければいけなかったのですから。

ただ、再発送するだけでが気が済まなかったので、イオンで使える優待券を100円分ですが同封。送料を含めると利益はまったくありませんが、もともとチケットを無駄にしたくないという動機でメルカリに出品したので、そこはまったく問題ありません。

それよりも、チケットの利用日に現地で使えないという事実が起きなくて、本当に良かったです。もう、そうなると責任の取りようがありませんから・・・。もう、詐欺と呼ばれても仕方のない世界ですよね。

それにしても、今回の誤発送なのですが、メルカリに出品した時点で既にチケットを取り違えていました。アップした写真のチケットには半券がありませんから。

投資の場合は、FXにしろ株式にしろ誤発注したとしても自分が困るだけなので良いとして、メルカリの場合は相手に迷惑がかかることなので本当に気をつけないといけませんね!

さて、そんなメルカリの誤発送に慌てふためいた今日ではありますが、FX、株式ともに約定がありました。まず、FXではマネーパートナーズのパートナーズFX口座でメキシコペソ円を買い増し。為替レート5.878で1万通貨の買い増しで、メキシコペソ円の合計は22万通貨(@6.067)となりました。

また、この買い増しに際しては2万円の追加入金を実行しています。新規の資金は投入しないと決めているので、深セン株、上海株と中国本土銘柄の購入用にポートフォリオから捻出していた資金を充てました。

あと子供名義のSBI証券口座では端株(S株)の約定があります。まず、ホーブ(1382)なのですが、6株の発注で999円で無事に約定。買付手数料を加えた約定代金は6,048円となっています。

そして、もう一銘柄あるのですが、ディー・エル・イーを15株の発注で426円で無事に約定しています。無事に約定というのは、端株(S株)の場合は必ずしも約定するとは限りませんし、成行注文となるからです。

ホーブ、ディー・エル・イーともに約定単価も問題ない水準だったので良かったです。この2銘柄については、私名義の松井証券口座の信用買い建て玉があるのですが、折を見て端株と入れ替えしようと考えていました。両銘柄とも買い建て玉は少し含み損状態なので、もう少し様子を見ようと思います。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿