2017年6月9日金曜日

One Tap BUY取扱い銘柄の配当利回りランキングを見て感じたこと

One Tap BUYから取扱銘柄の配当利回りランキング記載のメールが届いていました。以下が、One Tap BUYから送信された配当利回りのランキング内容です。

1 GM 4.46%
2 ギャップ 4.08%
3 ファイザー 3.96%
4 ゼロックス 3.84%
5 エクソンモービル 3.81%
6 IBM 3.79%
7 シスコシステムズ 3.44%
8 GE 3.40%
9 コカ・コーラ 3.22%
10 P&G 3.06%
11 ボーイング 2.99%
12 インテル 2.98%
13 キャタピラー 2.95%
14 コーチ 2.90%
15 HPインク 2.84%
16 マクドナルド 2.49%
17 コストコ 2.48%
18 マイクロソフト 2.13%
19 モンデリーズ 1.64%
20 タイムワーナー 1.62%
21 スターバックス 1.56%
22 ディズニー 1.48%
23 アップル 1.46%
24 ナイキ 1.33%
25 ビザ 0.68%
※データ:Bloomberg(2017年6月5日現在 当社調べ)

One Tap BUYの取扱銘柄は30銘柄なのですが、ランキングは25位までとなっています。これは、無配銘柄があるからだと思いますが、ランキングを見た実感は高配当と呼べる銘柄がほとんど見当たらないということです。

歴史的な株価上昇によって、配当利回りが低下していることもあるのでしょうが、4%超が2銘柄というのは何とも寂しい限りです。私の手元にあるウォール街のランダム・ウォーカーの新版が発行された時点でのS&P500指数の1871年以来の配当利回りの平均が4.57%。

もちろん単純比較は出来ないものの配当利回りの低下は明らかです。現在の私の米国株の保有比率は5%に満たない程度なのですが、ゆくゆくは引き上げていくつもりです。私としてはインカムで買える新規銘柄はほとんど見当たりませんので暴落が起きるのを虎視眈々と待ち望んでいます。ただ、モメンタムは度が過ぎるまで変わらないことも十分に考えられますから、いつの日になりますやら(笑)

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿