2017年2月26日日曜日

少額の米国株取引ならOne Tap BUYは断然お得なようなので積立投資にも相性がいいかも

One Tap BUYの手数料はインターネットでググると高いという意見があるそうですが、1,000円から5万円の約定代金の場合はOne Tap BUYに圧倒的に部がありそうです。

米国株の少額購入ならOne Tap BUY と言うわけで口座開設の申込みをしてみたでも触れていますがOne Tap BUYのワンちゃんでもわかる株式投資ブログ by スマホ証券「One Tap BUYOne Tap BUYの手数料はホントに高いのか?? 実は激安では?によると「One Tap BUYで取引するときの手数料(正確には手数料相当額!)は、株式売買手数料 0.5%、為替交換手数料 1ドルあたり0.35円です。」

同記事の時点では最低購入金額は1万円だったのですが、現在の最低購入金額は1,000円なので、さらに激安度が高まっていると思われます。

30銘柄の取扱いしかないというのは利便性から考えるとデメリットにもなるのかもしれませんが銘柄選定に悩む米国株投資初心者ならむしろメリットになるとも思います。

そのOne Tap BUY取扱い30銘柄を一つのポートフォリオにした指数がOTB指数。銘柄を選べない? それなら、これはいかが?  NY市場、ナスダックをアウトパフォームするこの指数でも触れられていますが2012年2月29日から2017年1月末までのデータではダウ、ナスダックの指数をいずれもアウトパフォームしています。

データ期間が短すぎる感はありますが、何と言っても一銘柄1,000円からという超少額購入が低コストで実現可能なわけですから一考の価値はあると思います。少額の積み立て投資には特に相性がいいかもしれませんね。

(関連記事)

One Tap BUYの米国株取扱い銘柄のパフォーマンスを調べてみた

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

4 件のコメント:

  1. 米国株相場は好調のようですが、ちょっと円高ですがマネックスで購入した米国株は円換算だと損益はどんな感じでしょうか?

    一方で日経平均は何とも言えませんけど、ドル換算だと上がってるんですよね~

    私のほうは最近は磯丸水産で有名なSFPダイニングの株を買いました。

    返信削除
    返信
    1. k3さん、おはようございます。コメントありがとうございます。

      マネックス証券口座の米国株の損益は6%ほどのマイナス状態です。米国株デビューに選定したGNCの下げが特にきついです。GNCは財務がよろしくないので気軽に買い増しも出来ません。

      ただ、ポートフォリオの5%程度までは米国株を増やそうと考えていて今日は少し買うつもりです。

      SFPダイニングは私も以前から狙っているのですが、実は磯丸水産というものを見たことも聞いたこともなく判断できずに買いそびれしまいました(笑)

      削除
  2. 米国株だとしても全面高ではないのですね.

    磯丸水産は貝やイカを網の上で自分で焼いて熱々で食べれるのが特徴です.
    完全に優待目的ですね.関西にもあるみたいですよ.

    権利落ちで下がったの今日追加購入しました.
    IPO公募価格より安いです.

    返信削除
    返信
    1. k3さん、おはようございます。コメントありがとうございます。

      米国株と言っても下げている銘柄はしっかり下げていますよ。そもそも上げているなら私の購入対象にはなりませんので(笑)

      磯丸水産は貝やイカを自分で網焼きできるのですね。まったく知りませんでした。k3さんには申し訳ありませんが、もし暴落するようなことがあれば、その時は迷わず買いたいと思います(笑)

      削除