2015年10月9日金曜日

複利の効果を再確認(追記あり)

現在の口座資産は、前営業日時点で8,492,675円。

キリがよいところで、8,500,000円があるとして資産運用を考えてみたいと思います。今後の年間のリターンは、現実的に考えて7%とし計算してみたいと思います。

単利で運用した場合、10年後の資産は14,450,000円になりますが、複利の場合だと16,720,787円になります。それなりに差がついていますが、時間の経過とともにさらに差が拡大していきます。20年後、単利の場合20,400,000円、複利の場合32,892,318円。30年後、単利の場合26,350,000円、複利の場合64,704,168円。もう、ここまで来ると、その差は抜き差しのならないところまで拡大しています。

でも、複利の効果を発揮させるにはどうすれば良いのでしょう?

私の場合は、株式の個別銘柄とETFで主に資産運用しています。市場はコントロール出来ないので自分で出来る事は限られています。そんな中、自分に確実に出来る事。配当、分配金などは、証券口座で受け取り再投資する。ごく当たり前の事かもしれませんが、その当たり前の事が最終的には大きなリターンの差につながると思います。

なぜなら、複利の場合、年間リターンの1%の差でも、時間の経過とともに無視出来ないほどの開きが出るからです。

先ほど、8,500,000円を年間7%のリターンで運用すると30年後には64,704,168円になるという事を確認しました。では、同じ複利でも年間リターンが6%の場合はどうでしょう?30年後は、48,819,675円。その差11,884,493円。1%の差でも、これだけの差がついてしまいました。

改めて複利の力を確認した次第です。

☆この記事が参考になりましたらブログランキングの応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 株 中長期投資

(追記)複利の力を確認するには以下のサイトがわかりやすいと思います。当ブログのサイドバーにもリンクしてありますので、そこからもご覧になれます。

複利計算 単利と複利の比較

0 件のコメント:

コメントを投稿